読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこ森

引きこもりに役立つ記事と僕の日々思うことを垂れ流すブログ。引きこもり5年目突入。

懲戒解雇になってしまったら

仕事 退職 マニュアル

f:id:hikikomoriforest:20170107193255p:plain

懲戒解雇について簡単にまとめてみました。

懲戒解雇とは

懲戒解雇とは、いわゆる「クビ」のことですが、労働者の違反行為に対する懲罰として行われる処分の一種であり、企業秩序を著しく乱した労働者に対して行う最も重い懲戒処分のことをいいます。

引用元サイト

懲戒解雇になってしまったら

対処法

まずは会社に解雇の種類を確認

会社から解雇された場合はまずそれが普通解雇かまたは懲戒解雇か確認しましょう。
普通解雇と懲戒解雇は取り扱いが異なります。

f:id:hikikomoriforest:20170107193013p:plain

f:id:hikikomoriforest:20170107193043p:plain

懲戒解雇が確定した場合

懲戒解雇は最も重い処分です。
会社から一方的で不当な懲戒解雇を通知された場合は、労働問題を得意とする弁護士に相談するのも1つの手です。
1人で戦うのは出来る限り避けましょう。

懲戒解雇のペナルティ

離職票への記載
・退職証明書への記載
・履歴書への記載義務
・人ヅテにバレる可能性がある

退職金、ボーナスももらえなくなります。
再就職が難しくなります。

再就職先が調べるの?

法改正前は、再就職先の会社が前の職場に人物像や退職理由を問い合わせることができました。

しかし懲戒解雇された人物の再起の機会を奪ってしまうなどの理由で法が改正されました。
それからは法改正前の様に問い合わせることが出来なくなりました。

もし今再就職先がそのようなことをすれば、その時点で不法行為となり、損害賠償事案になります。
よって、調べられることはほぼないと思って良いでしょう。

しかし懲戒解雇の場合、履歴書への記載義務があります。
調べられないからと言って履歴書への記載をせず、後にその事実が明るみに出た場合は経歴詐称や詐欺罪で解雇になる可能性もあります。

参考サイト

隠した場合、どんなところからバレるの?(非推奨)

同業転職はバレる可能性がある

同業同士のネットワークや業界イベントなどからバレてしまう可能性があります。
都道府県が離れていたとしても狭い業界の場合、この限りではありません。

離職票を求められたらバレる

離職票を求められることは稀ですが、求められた場合は離職票に懲戒解雇と記載があるためバレます。
ハローワークに提出済みだとしても原本自体は保存してあるため、こちらから願い出れば返却してもらえます。

離職票を求める理由は、前の職場を辞めた証明になるからです。
先ほども言いましたが、求められることは稀ですが求められて提出したらバレます。

退職証明書を求められたらバレる

離職票と同じく、退職証明書には懲戒解雇の記載があるためバレます。
こちらも求められることは稀ですが、求められて提出したらバレます。

調査会社を使う会社はほぼない

大手のごく一部にはあるようですが、中小企業にそこまでする余裕はないのでまず大丈夫です。

結局どうすればいいの?

あなた次第です。

懲戒解雇を正直に履歴書に記載していたら、再就職は困難でしょう。
懲戒解雇を隠して活動をすれば、いずれ再就職先が見つかるかもしれません。
少なくとも、履歴書に記載して就職活動をするよりはずっと容易に見つかるでしょう。

しかし当サイトは責任を負えませんので、自己責任でお願いします。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...