読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこ森

引きこもりに役立つ記事と僕の日々思うことを垂れ流すブログ。引きこもり5年目突入。

twitterでbotを作って荒稼ぎしをしていた時の話をする。

お金 仕事 アフィリエイト

f:id:hikkykyon:20170203190616p:plain:w450

twitterbotを作って荒稼ぎをしていた時の話をする。
そんなので稼げるの!?って思うかもしれないけど、これがなかなか稼げたんだ。

しかし最初に言っておくが、こういう稼ぎ方はやめた方が良い。

botの作り方

f:id:hikkykyon:20170203195652p:plain:w450
1.twitterアカウントを作る。
2.面白系のパクリネタを定期的にツイートする。
3.複数アカウントを作って同じことを繰り返す。

たったこれだけ。
あとはbotのフォロワーを地道に増やしていく。

botのフォロワーの増やし方

f:id:hikkykyon:20170203195919p:plain:w450
中高生のアカウントをどんどんフォローしていく。
そうすると一定人数はフォローバックをしてくれる。
そのフォロワーがネタツイートを拡散してくれて、どんどんフォロワーが増える。

これを複数アカウントで繰り返し、ある程度フォロワーが増えたら今度はbotアカウント同士でネタツイートを相互拡散する。
そうして雪だるま式にフォロワーを増やしていく。

※今、これをやると凍結対象になる可能性が高いので、注意。

botでの稼ぎ方

f:id:hikkykyon:20170203175121p:plain:w450
twitter専門の広告サイト、アフィリエイトサイト、なんでもいいからツイートしてbotアカウント同士で相互拡散する。 これだけ。
難しい知識なんかは一切いらない。

利用規約で広告ツイートの自己RTを禁止しているようなところもあるので、注意。

例えば、
ワンクリック0.1円の広告をツイートする。
フォロワー総数が100万人いたとしてそのうちの0.01%がクリックする。
1ツイート1000円。
10秒で1000円が稼げる。

こんな感じだ。

ワンクリック1円とかだったら10秒で1万円になる。
5ツイートしたら5万円だ。

稼げるときは稼げるが

自転車操業チック

稼げるときはかなり稼げるが、稼ぎ方がbotの影響力に依存し過ぎているため、アカウントの凍結などをされたらその日から稼ぎ口がなくなる。
凍結までは行かなくてもbotアカウントの影響力が落ちてきたらその分、利益も減る。

しかしフォロワー数はいつまでも増え続けるわけではない。
けれどbotを作り続けなければ、影響力は確実に落ちて収入も減ってしまう。
なんとも自転車操業チック。

月収100万円ってすごいように聞こえるが

月収100万円を越えるときもあれば、0円のときもあった。
月収100万円ってすごいように聞こえるが、その月しか利益がなければ月収100万円だが、年収も100万円なのだ。
無収入期間を含めると、サラリーマンの年収と同等もしくは上回るようになるのは結構先だ。

最後に

一極集中、依存的な稼ぎ方はよくない

一極集中な稼ぎ方はそれが潰れてしまったら、即貯金を切り崩していく生活になってしまう。
そうならないためにも一つのものに依存する稼ぎ方は避けた方がよい。
どんな稼ぎ方でもいずれ終わりは来る。
しかし自転車操業チックな方法だと、その作業に時間を取られてしまって他の作業ができない。
新しい稼ぎ方を模索する時間はない。
いつか終わる、無収入になることから目を逸らし続け、botを作り続ける毎日。

作業時間確保のために資産を

今からネットで稼ぐことを考える人は、後々の作業時間確保のために資産を作り上げていくことを考えた方がいい。
僕にはそのままにしておいても稼いでくれるような資産はない。
もちろんその資産があったとしても、いつまでも稼げるわけではないし終わりは来る。
しかし自転車操業チックで即食い扶持がなくなる、ということはない。

僕には資産はなく、twitterでツイートするスキルしかない厳しい現実。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...