読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこ森

引きこもりに役立つ記事と僕の日々思うことを垂れ流すブログ。引きこもり5年目突入。

引きこもりが増えた理由と今後幸せに生きていく方法

人生 引きこもり

f:id:hikkykyon:20170312144054p:plain:w450

ひきこ森の読者の皆様初めまして。
世界の真相管理人『サンメリーダの梟』です。
今回はひきこ森世界の真相タイアップ企画第一弾として私が執筆致します。しばしお付き合い下さい。

引きこもりが増えた理由

内閣府の調査によると以下の推移になっています。
f:id:hikkykyon:20170312144108p:plain:w450

何故引きこもりが増えてしまったのか?それは引きこもっていても生活が出来るからではないでしょうか?

一昔前は、外に出なくては何も出来ないのが普通でした。
しかし現在では親に寄生している場合にしろ、在宅で仕事をしている場合にしろ、外に出なくてもインターネットの普及により、娯楽・仕事・他者とのコミュニケーションが出来るようになったからでしょう。

もちろん、インターネットが普及する前から引きこもっている強者もいますが、現代の引きこもりの敷居は確実に下がったと言えます。
引きこもりになる理由は人それぞれです。中にはのっぴきならない理由・過去をお持ちの方も居るでしょう。しかし、現代では家の中での娯楽が増えた事で長期の引きこもりが可能になり、社会復帰が遠のく、または長年引きこもったせいで社会に復帰しづらくなるといった傾向がみられるようです。

引きこもりが今後幸せに生きていく方法

私自身も引きこもりではないですが、インドア生活を送っています。
それが可能な時代ですから、在宅でお金を稼ぎながら悠々自適な生活を満喫しております。有名なブロガーのpha氏も低所得ながらもお金をあまり使わない生き方で人生を楽しんでいます。

ある意味、引きこもれる環境にあるというのは恵まれているのかもしれません。
ネットの普及によりお金が無くても参入できるビジネスが増えた現代では、時間を投資するだけで起業することも可能になりました。何らかの理由で引きこもってしまった人は、引きこもれている現状をチャンスと捉え新たなビジネスに参入するというのも一つの打開策になると思います。

もちろん、会社員として社会復帰を目指しているのならば引きこもりの有り余る時間を投資し、資格の勉強やネットビジネスを並行して行うことにより履歴書の空白期間の言い訳にも使えるでしょう。

引きこもっていると世間体や社会の風当たりは、キツいでしょうが本来、不労所得を構築しないと得れない時間を手に入れた訳ですからポジティブに今後したいことに走り出すのもいいのかもしれません。

正しい事なんて時代による

就職して、結婚して、家庭を持つ。これだけが常識でまともな人生とは私は思いません。
自分を許し、他者を愛し、世間体という檻から出てゆる~い生き方をするのも人生です。無いものを数えても仕方が無いので、今現状ある物を大切に育んでいくことも重要なのではないでしょうか?
www.youtube.com

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...