読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこ森

引きこもりに役立つ記事と僕の日々思うことを垂れ流すブログ。引きこもり5年目突入。

退職を引き止められた時の対処法

退職 仕事 マニュアル

辞めたい辞めたい、あー辞めたい

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V.jpg

「止めるんじゃない!辞めるって言ってるのになんで止めるんだ?コイツはバカなのか?」
退職の旨を伝えて引き止められたら、きっとこう思うことだろう。

引き止められて丸め込まれたら最悪

しかし引き止められた時に上手く対処しなかったら丸め込まれる可能性大。
そうなったら再度、退職の旨を伝えるのは気まずい!

出来ればイッパツで決めたいところ。

そうならないために対処法を!

そのために「退職を引き止められた時の対処法」をまとめてみたよ。
退職を考える人は参考にしてみてね。

それではご覧あれ。

そもそも会社側が引き止める理由って何よ?

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_nayamubiz20131223_TP_V.jpg

負担がかかるから面倒くさい

退職者が出ると周りは負担がかかる!
正直辞められるのは面倒くさい。

スケジュールの調整、引継ぎ、人事の評価、穴埋めなどなど…。
上司はこれらのことに奔走しなければならなくなる。

上司側からしたら出来れば辞めてほしくない。
だけどこれをそのまま言うワケにもいかない。
だからそれっぽい理由を言う。

そんなところだ。

しかし真面目に自分のことを考えてくれている可能性もある

真摯に自分のことを考えてくれていることもあるので、適当に聞き流すのは辞めよう。
日頃の上司との信頼関係にもよるけど、ちゃんと聞いておこう。
聞くのはタダだからね!
聞いたうえで自分なりに判断しよう。

相手や会社への気遣いや負担軽減の意識が大切

無駄に反感を買ってしまったら、退職できるものも出来なくなってしまう。
「とりあえずムカつくから足を引っ張ってやろう」なんて輩もいたりする。
辞めるにしても、出来る限り相手への気遣いを忘れないようにしよう。

引き止められないようにするためのポイント

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK99_facebookiine20131223_TP_V.jpg

繁忙期は避けるべし

この記事でも触れたけど、繁忙期は避けるのが無難だろう。
繁忙期はただでさえ、業務の負担が多い時だ。
そんな時に同僚が辞めますって言ってきたらどうだろう?
「ザけんな!このゴミカス野郎が。せめてあと一ヶ月待てや!おい上司、あいつ辞めるの止めろや!」
くらいにはなるはずだ。

退職の日取りを相談するべし

退職したい旨を伝える時は、いきなり日取りから入ろう。
退職するか否かを相談したら、最悪「辞めたい逃げたい気持ち」だけ汲み取られて結局辞められず終いなんてことにもなりうる。
そうなったら職場には居づらい。
それでバックレ、なんてなったら最悪中の最悪だ。

foresthikikomori.hatenablog.com

日取りの決め方はこの記事でも記したけど、「伝える希望日」と「本当の希望日」の2つを考えて、本当の希望日と伝える希望日の間を空けることだ。

f:id:hikkykyon:20170306210010p:plain:w450

あまりに間を空けすぎるのはアレだけど、これをするとなんだかこちらが非常に譲歩したような感じになる。
ゆえに希望が通りやすくなる。

この希望日を考える際に会社の都合も考えられたらベスト!

労働条件を退職理由にするべからず

労働条件を退職理由にすると、引き留められる可能性がグンと上がるよ!
会社側からしたら、労働条件は融通が利く部分。
しかし融通が利くと言うだけで利かせるとは言っていない罠。
その場は融通を利かせるということで話が終わって、そのまま条件改善は有耶無耶になって働き続ける。
なんてことになったら最悪。

「何が何でも退職してやるゾ!」という確固たる意思が重要

話し合いの時にどんな雰囲気になろうと、最後に決定を下すのは自分自身だ。
確固たる意思がなければ、退職しようがしまいが、良い結果にはならない。
よって話し合いの前までに、日取りや理由を考えるのも大切だが、この意思があるかどうかを最重要視しよう。

よくある引き止め方とその対策

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/FB0I9A8462_TP_V.jpg

会社にとって必要な人材と言われる

これを言われて嬉しくない人はいないでしょう。
しかし相手はその感情を利用して引き止めようとしている。
本当に必要かどうかはその言葉だけでは分からないし、今まであまり必要とされていないような扱いをされていたのであれば、きっとそういうこと。
一瞬の情に流されてはいけない。

これを言われたら、自分の考える退職理由をもう一度冷静に思い出そう。
そうすると自ずと選ぶ道が見えてくるはず。

労働条件を改善すると言われる

先述した通り、労働条件は会社側にとって最も融通が利く部分。
しかし融通が利くというだけで利かせるとは言ってない(言った)となるのが、口約束の怖いところ。
結局、条件改善については有耶無耶になったままで働き続ける、というのだけは避けたい。
なので相手が条件改善を打診してきた場合、その場で結論は出さずに一度話を持って帰ってもう一度よく考えてみよう。

脅迫まがいのことを言われる

中には退職したい旨を伝えると損害賠償請求までしてくる会社もあるよ!
どこからが正当でどこからが脅しになるかは素人に判断は難しいけど、明らかに脅しの場合は即時に労働基準監督署に相談しよう。

ちなみに民法では627条に「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」と定められているよ。
だから基本的に脅しは全て無効。

もし労働基準監督署に相談したいなら下記の「全国労働基準監督署の所在案内」で最寄りの労働基準監督署をチェックして相談しよう。
相談するだけならタダだから、内部告発でもないんだし気軽に行っちゃおう!

www.mhlw.go.jp

こういう場合は、退職届を書いて提出して終わり!って方法もあるよ。
退職届って、ただの退職する旨を書いた書類じゃないからね。
実は労働者が労働契約を一方的に解約するための通知書類なんだ。
だから会社側に退職届を一方的に送り付けて終わり!ってことが出来るんだ。
こうなると円満退社は難しいかもしれないけど、脅しをしてくる時点で円満退社なんてない。
割り切って行こう!

退職届の書き方はこちら

foresthikikomori.hatenablog.com

退職に応じてくれない場合の対策

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/freee151108008528_TP_V.jpg

円満退社を望むなら、退社理由を相手が引き止めにくいモノにする

労働条件は会社側にとって融通が利きやすい部分と何度か書いたね。
ってことは逆に会社側にとって融通が利きにくい、利かない部分もあるハズ。
これを退職理由にして穏便に伝えられれば、退職に応じてもらえる可能性がグンと上がるね!

で、会社側にとって融通が利きにくい、利かない部分とは事業内容や会社規模または個人のライフスタイルだね。
事業内容は超零細ベンチャーでもなければ、即時に変えるなんてこともなかなか出来ない。
会社規模は変えることは出来なくもないけど、ほぼ無理。
個人のライフスタイル(引越し、出産、育児、介護など)は、会社側にはどうしようもない。

しかし異動などでなんとか対応しようとしてきたりすることもあるので、注意が必要だ。

とにかく何が何でも退社したいなら、退職届提出でイッパツKO

会社側が退職に応じてくれない、または会社側の迷惑など考えずにとにかく退職したい、という場合には退職届の提出が有効だ。
先述した通り、退職届は労働者側から労働契約を一方的に解約できる通知書類だ。
これを提出してしまえば、会社側になすすべはない。

しかし退職願ではなく退職届の場合、一度受理されてしまったら撤回は出来ないのでその点については十分注意しよう。
あくまで最終手段だ。

最後に決めるのは自分自身。優柔不断が一番良くない

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SEPsts_TP_V.jpg

あなたに少しでも優柔不断な印象があれば、会社側は交渉次第で勤続可能と思ってしまう可能性もある。
そこで居残ることになってしまったら、退職の意思を伝えない方が良かったとなってしまう。
これではどちら側にとっても損なことしかない。

そうならないためにも、結論出すまでに時間をかけるのは良いが、一度出した結論は曲げないようにしよう。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...